Realim サポート

リモートサポートには、「TeamViewer」を使用します。

クリックして
ダウンロード

bn-teamViewer

Realim ソフトウェア保守

未来写真制作ソフト「Realim』のお客様には、より安心して
ソフトウェアをご利用いただけるよう「ソフトウェア保守」をご用意しております。

ソフトウェア保守料金

Realim LITE
ソフトウェア保守料金(1年)
1セット 25,000円(税別)
Realim STD
ソフトウェア保守料金(1年)
1セット 50,000円(税別)
Realim PRO
ソフトウェア保守料金(1年)
1セット 80,000円(税別)

複数セットお持ちの場合は、2セット目以降は半額となります。

お手続きはこちら

ソフトウェア保守サービス一覧

  • :保守会員様のみ利用可
  • :保守会員様は無料
  • :有料利用可
  • :利用不可

■ ソフトウェア

項目 保守加入 保守未加入
バージョンアップファイルの提供
新機能の搭載や追加機能など、バージョンアップした際には、バージョンアップファイルをメディアまたはインターネットによるダウンロード版でご提供いたします。
無料 有料
コーディネートソフト(リアリム・ビュー)のダウンロード
Realim-VIEW(ASP版)がインターネットで楽々シミュレーション、外出先でもソフト無しで大丈夫。
色替えや素材替えが出先で自由自在にできる便利なサービスです。
無料 利用不可
建材Webのダウンロード
メーカーの外装材・内装材のテクスチャや建具柄などを、インターネットからダウンロードし、いつでも最新のデータをご利用いただけます。
無料 利用不可

■ サポート

項目 保守加入 保守未加入
電話サポート
お客様からの電話によるご質問などにお答えいたします。
(受付9:00〜18:00/土日祝祭日・弊社指定休日を除く。)
無料 利用不可
FAX・Eメール・Webフォームサポート
FAXやEメール、当社Webサイトの専用フォームによるご質問にお答えいたします。ご回答手段を電話、FAX、Eメールからご指定いただけます。(受付24時間)
無料 利用不可
リモートサポート
インターネットを利用し、お客様のパソコン画面(デスクトップ)をリモート操作し、スタッフが直接操作しながらサポートいたします。
無料 利用不可

■ 付属品 他

項目 保守加入 保守未加入
ソフトウェアユニットの交換
ご利用のソフトウェアプロテクトが破損もしくは、プロテクトの形態を変更の場合(パラレルポートタイプからUSBポートタイプへの変更)は、無料交換いたします。但し、紛失時は対象外となります。
※年1回(保守加入のシリアルNo.分のみ)
無料 有料

リモートサポート

大好評!リモート操作
スピーディに問題解決

※TeamViewerのダウンロードが必要です。

インターネットを利用し、リモート操作で専門スタッフが、お客様のパソコン画面を直接操作しながら問題を解消。電話するだけではわかりにくい操作も的確に操作方法をお伝えいたします。ご利用いただいている方からは、「わかりやすい」とご満悦いただいております。ご利用を希望される際は、まずは、サポートダイヤルにお電話ください。

リモートサービス(以下、本サービス)とは、弊社サポートスタッフがインターネット経由でお客様のパソコン画面を見ながら技術サポートを行うサービスです。なお、弊社の本サービスは「Team Viewer」を利用しています。

本サービスをご利用の際は、事前に弊社サポートダイヤルまでご連絡ください。お客様単 独でご利用いただくことはできません。

既に「Team Viewer」をご利用中の方は、その旨を弊社サポートスタッフにお知らせい ただき、使用中のID、パスワードの情報をお伝えください。その際は、下の同意事項に 同意いただいた上で、弊社サポートへお問い合わせください。

同意事項

リモートサービス(以下、本サービス)をご利用いただく前に、以下の内容をご確認の上「同意」をいただくことが必要です。同意いただけない場合、本サービスをご利用いただけません。なお、すでに保存されている「Team Viewer」から本サービスをご利用になる場合においては、以下の内容に「同意」いただいたものとさせていただきます。

  1. 本サービスをご利用いただくために必要となる通信費等は、お客様の負担となります。
  2. システムメンテナンス等の理由によりサービスを一時休止する場合があります。
  3. 本サービスをご利用中及びご利用後に生じた機器の不具合などによるお客様の損害につきましては、弊社では保障できません。
  4. 本サービスのご利用により、サポートスタッフがお客様のパソコン内の情報を参照させていただくことがあります。参照した情報に関しましては、お客様へのサポート以外の目的で利用することはありません。
  5. その他、個人情報の取り扱いにつきましては、弊社のプライバシーステートメントに基づき、適切に取り扱います。

リモートサポートには、「TeamViewer」を使用します。
サポートお申し込み後下記バナーからソフトをダウンロードしてください。

クリックして
ダウンロード

bn-teamViewer

Realim 動作環境

動作環境

用途別製品比較

Realim に関するよくあるご質問

補助線は何のために引くのですか?
ひとつは遠近感を表現するためです。
区切ったメッシュそれぞれに同数の素材がマッピングされますので、
奥になるメッシュを小さくなるようにすると、奥行きを表現できます。
補助線はたくさん使った方がいいのですか?
増やし過ぎるとメッシュが歪む場合がありますので、
マッピングした時に奥行きが表現できていれば増やす必要はありません。
「遠近」と「標準」ボタンはどう違うのですか?
どちらを選んでいるかによって、「縦方向追加」「横方向追加」「縦横方向追加」を実行した時に、補助線の追加される位置が変化します。「遠近」ボタンを押した状態で 「縦方向追加」「横方向追加」「縦横方向追加」を実行すると、遠近感を考慮した位置に補助線が追加されます。
「素材の設定」で自動設定の素材サイズは実際の素材のサイズを入力するのですか?
実際の素材のサイズを入力します。
例えば、素材の高さが450mmであれば、「450mm」と入力します。
「素材の設定」で自動設定のメッシュサイズは、実際の素材のサイズを入力するのですか?
実際の素材のサイズを入力します。
例えば、外壁の高さが2.4mであれば、「2.4m」と入力します。
文字を入力しても画像に表示されません。
文字ツールで文字を入力して「OK」をクリックした後、
「貼り付け」ボタンをクリックしてください。
「ハードウェアロック異常」と表示されます。
ドライバが正常にインストールされていない場合があります。
「SSD5411-32bit.EXE」を実行し、「Sentinel System Driver Installer7.4.2(Win32bit版/Win64bit版)」をクリックして、ドライバーをダウンロードし、再度インストールしてください。

ページトップへ