Realimの歴史

Realim誕生の秘話』


当時(1989年)は、日本に当社が必要とするパソコンが無い時代でしたので,
海外よりDOS版IBM‐ATパソコンを輸入して、
日本国内でグラフィックスアクセラボードの開発設計製造を実現し、
日本で初めて景観シミュレーション専用ソフトウェアを完成させました。

[年表]


1989年 Realim用グラフィックボード(ISA、VL、PCI)及びフォトCGシミュレーションソフトRealim開発開始。
1992年 Realim DOS版の発売を開始して国内景観材メーカー数十社へ導入した。
1995年 Realim‐Pro Windows95版の開発発売を開始し、建材メーカーへの導入を始めた。
1998年 Realim‐STD Windows98版の発売を開始し、全国の工務店様へ導入を始めた。
2000年 Realim‐J(コーディネートビューワソフト)Windows2000版の発売を開始し、
      業界におけるCG提案の普及を促進した。
2009年 Realim‐J(コーディネートビューワソフト)ASP版の出荷を開始し、
     お施主様自身でコーディネートプラン作成を促進した。
2011年 Realim‐J(コーディネートビューワソフト)iPad版の出荷を開始し、
      建材メーカーや工務店様の営業ツールとして活用を促進した。
2014年 Realim‐JがWeb上でiPadや各社スマートフォンで利用できるソフトの出荷を開始し、
      さまざまな方が場所を選ばずに自由自在のコーディ―ネートができる様にした。
2015年 Realim‐Lを外壁塗装業者様向けに廉価モデルの発売を開始した。

■現在では大手建材メーカー様をはじめ、約12,000社以上の建築・土木関連企業様へ導入させて頂いております。

Realimのコンセプト
「百聞は一見にしかず」という諺があります。
私たちは、モノを造る時に何度も打合せをしますが、
詳細がなかなか相手には伝わりにくいものです。
実写レベルのイメージ画像で打ち合せを行えば、
正確でかつ打合せ時間の短縮や言った言わない等のトラブルが無くなります。
そのことにより、双方の信頼関係が強くなり商談が円滑に進みます。
建築・土木業界のビジネスシーンに活用いただけるよう、Realimの開発を始めました。

Realimの語源はReal imageの造語です」


人と人とがお互いにイメージを共有するためには、
写真(Real image)が究極の手段だと考え、名前にしました。

【当社のこだわり】


1.Realimは、限り無く実写に近い景観シミュレーションにこだわるソフトです。
2.Realimは、あらゆる立体形状に遠近感や質感を生かして素材の合成できるソフトです。
3.Realimは、国内自社開発でお客様のニーズに応えるソフトウェアを目指しております。